BABYMETALが神戸で見せた、「私たちは進化するプロジェクト」という姿

BABYMETALワールドツアー神戸に2日間参加。

まず、Sabatonさんに謝りたい。Sabatonさんが出てくることを完全に忘れていて(28日のSSAだけだと思い込んでいた)、やっと始まったと思ったらベビメタじゃなかったことでちょっと怒ってしまいました。そして、割りと好きな曲やってくれるんだけど、もうちょっと曲数減らして欲しかったとか思ってました。これが1日目。

だけど、2日目は身体もこなれたこともあって、完全にSabatonエネルギーを浴びまくって暴れまくりました。そして、北欧メタルらしい旋律の曲たちは全部最高なことに気づきましたよ。日本と北欧は似ているね。メンバーのキャラクターともわりと日本人好きする人たちみたいだし。よく来てくださった!曲買います!

で、本題の新生ベビメタですが。

Twitterの様子じゃ、みんな何とかして受け入れようとしているように見える。私は2日ともピットのR2だったんですが、ピットだと逆に全体を見れないことが多いと思われる。毎回背伸びしようとして足が攣りそうになるし。そんな暴れるためのエリアであるピットで見た新生ベビメタは、私としてはアリです。

プロジェクト・BABYMETAL

BABYMETALはゆいちゃんがいるときから、3人だけではない総合的なエンターテイメントプロジェクトなのだと思う。コバメタルが総合プロデューサーとして君臨し、神バンドとMIKIKOさんはもちろん、照明やCGの各種技術など様々な分野の専門家が広く関わって作り上げている。その「総合」っぷりが凄い存在が、たまに出現する。日本特有な気がするんだが、どうか。

自分は80年代の国内音楽で育った世代だけど、TM NETWORKはそういうタイプのプロジェクトだった。米米クラブも、よくは知らないけどそんなふうに認識してた。小室が金の味をしめた後のTRFとかは無視していた。

こういうやつね。劇とライブを組み合わせた、CAROL。実はエアギターだった木根さんは、ワイヤーで空を飛んでいたっけ。

ずっと、こういう「次はどうなるの」というワクワク感を感じさせてくれるアーティストが出ないなあ、グローバル社会のせいだよなあツマラネエと思ってた2000年代、後半になってやっとこさPerfumeが出現してくれた。

BABYMETALも、そういうタイプの総合エンタメプロジェクトとしてずっとやってきていて、次の展開に進んだように思う。メタルの演奏で7人の大所帯がMIKIKOさんの独特のダンスを踊る姿は、新ジャンルの誕生を目撃した思いです。

時代ごとに変化するアーティスト

同じように80年代、同じアーティストが時代を経てがらりと姿を変えることもあった。ファンに、「こんなのxxじゃない!」といわせてしまうくらい変わる。

YMOだって、忘れたけど3期くらいに分けられるんだぜ。YMO好きな友人が、「君に胸キュン」を酷評してた。RYDEENのような曲しか、彼はYMOと認めたくなかったんだ。

これが、↓ こう変わった。

そしてやっぱり、TM NETWORK も TMNに変化した。彼らの出自であるハードロック路線に振った。ピコピコ音は無くならなかったけど(小室さんが失業するし)。そして、結局またテクノっぽい曲に戻ってきてしまった。

ここしばらくは、あまりガラッと曲やイメージを変えてしまうグループ、あまりいない気がするんですよ。第一引退しないし(笑)まだユーミンいるのかよって。

Perfumeも、ハイレベルなままながらどうもマンネリ感があって・・・。彼女らのキャラクターとファン層だと、なかなか冒険しにくいしね。それでも、服装やらで昔がよかったという人いますけど。

そして、

BABYMETALは、ファンが悶絶するくらい変わった

これが何より私は嬉しいです。

刺激は変化に伴うもの。安心カワイイは、停滞の裏側。

さようなら、ありがとう、カワイイMETAL。こんにちは、大人メタル。

そうそう、光と闇の融合ってテーマがあった。今回のBABYMETALは、融合した姿と考えていいはず。大人の女性の姿となり、理性と感性が融合し、女性らしさを保ちつつ毅然とした姿。ただ、あの衣装は紅月に合ってないような。

アルバム早く出してください。

星占いでわかる。天に選ばれたBABYMETALという存在。

さて、神戸でのベビメタライブが間近になってきた。ところで最近、星占いのサイトを見に行くようになったんだけど、ベビメタツアーの期間のドンピシャぶりが凄い。

10月23日に、太陽が蠍座に移動したらしい。ちなみに、西洋占星術ではどの惑星(太陽と月含む)がどの星座に位置しているかというのが基準らしい。

10月23日、太陽は蠍座へ。濃密でリアルな蠍座世界にようこそ。【占星術】

占星術に興味のない人も、いまのBABYMETALと関連付けたらかなり面白いことが書いてあるので、是非ここを読んで欲しいんですよ。

天秤座がつかさどる華やかでワクワクする出会いの季節を通り抜け、どこまでも深く人や物事と関わりあう濃密でリアルな蠍座の季節を迎えるのです。

特に10月23日から31日までは太陽、水星、金星、木星の4天体が蠍座に滞在する超濃厚な蠍座ウィーク。

5月の天王星牡牛座入りのとき(現実が革命的な変化を起こすらしい)、アメリカツアーのときだね、そのときも思ったけど、やっぱりBABYMETALは天に選ばれたプロジェクトなんだと思うよ。

いろいろ相応しいよなあ、このMV。

占いサイトのこの期間の解説は、何座がナニを象徴してホニャララとか、ホロスコープチャート図(これカッコイイ)とか、興味ないと面倒くさいと思うけど、かいつまんで説明すると、こう。

現実とか真実とか、はたまたその現実を掘り起こすような動きを象徴するお星様たちの配置になってる、この一週間です。

興味ある人向けに、ここに出てくるお星様を抜粋。

  • さそり座に太陽、水星、金星、木星があるよ(4つも惑星が集中。さそり座要素がいろいろ強調)
  • 牡牛座に天王星があるよ(現実の革命的変化)
  • 山羊座に土星があるよ(社会的な義務・責任)

現代人から見たら、厳しく見える単語が並んでいる(笑)で、一番上のさそり座要素って何かっていったら

死からの再生、変化、無意識の世界

おおお?こりゃあ、まさにDARKSIDEのBABYMETALにふさわしいじゃないDEATHか。

この時期は、現実見せられて深いところを揺さぶられてキツイ思いもするかもしれないけど、乗り越えると自分でも驚くようなステップアップや成功が待っている、そんな期間だそうです。

占いサイトの結論から引用すると・・・

人によって「できれば見たくないもの」は様々ですが、それらはすべて真実であり事実です。

いくら隠そうと思っても、それら事実が存在することにかわりはありません。

見たくないからといって、これまで自分が蓋をしてきた事実に真っ向から向き合わなければならないタイミング。

つまり、

メイト「嘘だ!カヲルくんが使徒だなんて!じゃなかった、ゆいちゃんが抜けてベビメタが可愛くなくなったなんて!」

ミサト「事実よ!受け止めなさい!」

ということらしい。そして、

この太陽蠍座シーズンに徹底的に生臭いリアルと向き合うこと。

そうすることで、11月8日からはじまる射手座木星期の後押しも受けながら、新しく生まれ変わったあなたはスムーズに豊かな拡大と発展のサイクルに乗っていけるはずです。

とのことです。こんな期間にライブに参戦できるメイトは、選ばれし者・THE ONEといえる。

ゆいちゃんは自分の希望を通したのだろうしね。ベビメタは、仮にだけど今後迷走したり破綻するとしても、その軌跡をしっかと目に焼き付けておく価値は、大いにあると思うね。

ただ、カワイイはある程度残してほしいのですが・・・・・・・

ゆいちゃん天岩戸隠れ

BABYMETALの海外ツアーが終わった・・・。

BABYMETALのやり方だと、日本人は、日々をこなすために使っている考え方の枠組みを否定されることが多いはず。どうにかして、不整合に気付かないようにしているんじゃないだろうか。まあ、シンプルに曲と3人のキャラだけ受け取ることもできるしね。

ところがここにきて、その「3人のキャラ」すら受け取れない事態になってしまった。今回の海外ツアーでのゆいちゃん欠席と、DARK SIDE展開。DARK SIDEが、ゆいちゃん不在だけを受けて企画されたのかはわからない。

DARK SIDEというのは、プロジェクトが発展していくときに、本当は通るべき自然な道を通っているんだろうと思う。ロケットの段階的切り離しとか、春夏秋冬とか、そういったこと。ONE PIECEを何十年も人気作品として連載し続けるようなものばかりだから、いまは。

ゆいちゃんがいないことについて

天岩戸神社様 公式ページより(http://amanoiwato-jinja.jp/publics/index/8/)

去年末の儀式で、まさかのゆいちゃん不在。メイトたちはゆいちゃんパートを歌うなどしてすぅもあ2人をサポートした。ライブ後、「ゆいちゃんいたよね?」とTwitterに書いているメイトもいたけど、確かに自分は”IN THE NAME OF”のあとのIDZで既に、2人しかいないBABYMETALに、3人揃っているとき以上の感動を覚えていた。あのとき、不在であるべくして不在だったのだ、ゆいちゃんは。

ゆいちゃんの体調不良の詳細は、まったく告知がない。普通に考えると、メンタルがらみな気がするんだよね。すぅが天然ポンコツで鈍感力があるため、ストレスを柳に雪折れなしみたいにかわしそうな気がする反面、ゆいちゃんの天然は、もともと女子ってノーマルでああいうもんじゃないの?っていう、女の子的な弱さを持っているんじゃないかと思う。

Twitterで、ベビメタ垢で政治を語るなみたいにいっている人がいたけど。大人なら、むしろからめて語らないのは手抜き。まー、政治というか社会だけど。10代女子に依存して生活してるおっさんの群れとかさ。なんだかなあ、と思うもの(笑)

神バンドのどなたかが、最初に3人の後ろで演奏するとき「音量どうします」と聞いて、「全力で」といわれてビビッたとかいってたけど。ヘビーメタルで難易度超高いダンスをやって、あまつさえ海外周る。10代女子にとっては、かなりキツイんでしょう。当時20代半ばのPerfumeだって、「本当は海外は気が進まない」といってたし。

メイトさんも口では、ゆいちゃん早く元気になってとかいうけどさ。結構な割合の人が、毒親みたいな気持ちでいってると思うよ。子供のためといいつつ本当は自分のためってやつで。だいたい、元気になってというその字面が女の子っぽくて、見るほうが力を得られる感ないもの(笑)

天照大神の天岩戸隠れってあるじゃん。スサノオが暴れたから、アマテラスが岩戸に隠れて世界が真っ暗になったという。メイト連中が甘えまくったから、ゆいちゃんは疲れて岩戸にお隠れになったんだと思うよ。

アメノウズメが舞を踊って、タヂカラオが扉を開け放ち・・・とやってアマテラスは外に出てきてくれはりました。ゆいちゃんを連れ出すには・・・・メイトが逆にスサノオ並に暴れるメイトになる必要があるんでは。

なんかさあ・・・女子が何かやる系のコンテンツばかりじゃん。それで鍛えられて、エリート女子がたくさん輩出されてはいるが、限度超えたストレスで潰れる女子も多かったりするんじゃ。