もう子供を乗せるのを止めては?

今日はエヴァQの2回目の鑑賞に行ってきました。特に新しい発見は無く、前回鑑賞時の印象がより強まりました。

ミサトらのシンジへの態度は、14歳の子供に対する態度としては厳し過ぎる。そもそも、前回までにサードインパクトのことをほとんど説明していないので、落ち度があるのはリツコやミサトら大人でしょう。シンジを危険物として機械的に処理するという態度にも徹し切れておらず、WILLEというのは非常に危なっかしい組織に見えます。比較して、NERVの、ユイのことを語って聞かせる冬月や、自分のシナリオを粛々としたたかに進めるゲンドウすら、WILLEのビジョンレスな余裕の無い様子と比較すると、大人に見えます。

ぷちえヴぁ 綾波

Qを見て、シンジをまたダメシンジに戻ってしまったという感想を持つ人は、逆に大人としての精神成熟が行われていないと思います。大人ならば、14歳の身に余る苦悩を背負ってしまったシンジを、可哀相と感じるのが普通では?自分が精神的に成熟できておらず、「もっと成長しなくちゃ」とか「もう疲れたよ」とか葛藤を抱えた人は、シンジに自分を投影して「やっぱりお前はダメなやつだな」となじって見たりするんじゃないかと思います。

マジンガーの時代から、巨大ロボットには子供が乗せられてきました。視聴者に子供を想定しているからですが、90年代になって「大きいお友達」が増えてからも、巨大ロボに乗るのは子供であり続けた。するとどうなるか。子供のパイロットに自分を投影したままの大人が増えた。ロボットに限らず、学園物アニメでも同じことがいえそうですが、学園は子供を主役にせざるを得ないのが普通だから、仕方ない。

「エヴァの呪縛」
エヴァに乗ると成長が止まるという点を、オタクへの皮肉と取る感想がありました。結局のところ、「とにかくメカには子供を乗せなければならない」という呪縛じゃないかと思うのですが。

ガンダムブームの頃、シャアを見ながら「へえー、ハタチってのはこんなに大人なんだなあ」と思っていたもんですが、シャアのあれこれは今見れば40代の発言じゃないですか。とにかく若い年齢で登場人物を設定しなければならない呪縛がある。10代で世界の運命を背負い込むパターンも、そろそろワンオブゼムくらいには降格させてはいかが。

「子供の主人公に感情移入したままの大人」。補完されるべきは、この人たちでしょう。それともネオテニーとして保護すべきなのでしょうか。

ヴィレよりネルフに入りたいよね?

エヴァQで対立する二つの組織、WILLEとNERV。昔のように感想をネットのあちこちで読まなくなってしまったんだが、NERV=悪の組織、WILLE=「たくましい」女性の率いる正義の組織というような感想が一般的じゃなかろうか。

男と同じような態度を取る女性キャラ → たくましい女性陣という感想を持つという心理に、どうも女性コンプレックスを感じる。今の日本が、徹底的に男性性を失っていることの表れだと思うし、その代わりに女性が男のように振舞うことを賛美するというのが、また終わってるなあと思う次第。

まだQは一回しか見ていないので、よく理解していないところもあるから、特にゲンドウがフォースインパクト・ファイナルインパクトを起こしてどうしたいのか分からない。だけど、こう思えて仕方ない。

WILLE : 現状維持派
NERV : 改革派というほど格好よくはないが、世界を変えるべく行動している組織

ニア・サードインパクトを起こしたシンジに対するあのヴィレの連中の大人気ない態度に、ヒリヒリした気持ちにさせられていたところ、場面がNERVに移った瞬間に思い切りホッとした。静かだし、綾波クローンはあんなだけど。冬月爺さんは語ってくれるしさ。

リツコがヴンダーを「まさに希望の船ね」といっていたけれど、そもそもその希望が何なのか分からないんだよね。あそこまで変わった世界で、フォース・ファイナルインパクトを防いでどうしようというのだろう?あのヴンダーの余裕の無さ過ぎる雰囲気は、「ブラック企業?」と感じさせた。そこが嫌で逃げた先は静かで、カヲル君がいたりして和むしさ。東京から地方に旅行に行くと感じる安堵だったんだが。

あの静寂と、カヲル君とシンジ二人の純粋な友情。ここから生まれる世界の方が、余裕ない大人たちによる現状維持よりいいじゃない(笑)

WILLE=賞味期限が過ぎた東京中心の国家機構をピリピリしながら維持しようとしている守旧派と考えると・・・予想される大地震をサードインパクトとも捉えられ、自身が大嫌いな自分はブルって来たのでこの辺で!早く東京から逃げますよ!

エヴァにはオタクを終わらせて欲しい

自分は、新劇Qはあと2回は見ようと思っています。だけど、

序破Qの内一番設定やストーリーそのものが複雑なQですが、このあまりの難解さは、難解さでヲタクを喜ばせるアニメを終わらせようという意志が込められてはいないだろうか。ヤマトの頃、波動砲の発射シーケンスなどを熱い気持ちで見ていた世代のヲタクたち。もういい中年の彼らに、いつまで同じようなことを続けているのだね?といっているような。だから、「設定を読み込むために」10回も観たりするのは、ハッキリ恥だと思っています。

Qは、カヲル君の優しさ悲しさを観るものですよ(笑)彼の心に観客の立場でどこまで触れることができるか・・・。

20世紀とあまり変わらない世界を特徴としていたエヴァが、Qでサード・フォースとインパクトを起こし世界を滅ぼしちまった後の、これまでの世界と似たものが何も無い世界を舞台にしたのは、「終わらせる」という強い意志表示なのかもしれません。

エヴァには、今度こそオタクを終わらせて欲しい。ガンダムには出来ないことです。