「推し」という文化の限界 タレント抑圧システム

このブログは、毎日10人くらいの方が見に来てくれますw 理想1日100人なのですが。そういうわけで、私が 入れ込んでいる星守紗凪ちゃんのことをここに書いても、バズって彼女が大人気になることはない。そして、それもよいことなのです。なぜなら、私は星守紗凪ちゃんを推さないからです。

いつの頃からか、芸能人とファンの関係で「推し」という言葉が使われるようになりましたよね。AKBが最初なのだろうか?「推しメン」といわれて、イケメンとかGメン75(年齢が分かる)を連想してしまった私。この「推し」文化てえのが、わたしゃ好きじゃないんですわ。

なぜ、「推し」文化が嫌いなのか? 同調圧力の産物だと思うからです。何でも「シェアします!」とかいっちゃう痛い現代人のマイナス面を、応援される側が食らってしまうんです。

「ここは私が払います」「いやいや私が!」みたいに、オバサンたちが飲食代を誰が払うか譲り合って?るの、見たことあるかと思います。あれと似た雰囲気を感じる。なんつーかな、ある種主体性がないんだよね。自分が好きなアイドルなのに、「推し」とかいって他人に譲るような態度。アイドルを本気で好きであればあるほど、「推し」といったときにそのエネルギーが、自分の軸からどこかに漏れてく感じがします。

↑ 最近のサナつぁん。いつものと別人。

アイドル側の影響としては、やはり同調圧力がかかります。「推し」は、AKBのように集団でいる中の誰を私は好きなのか?ってことですが、メンバーは「推し」を獲得するために抑圧されるケースがあると思います。それは、ファンとの間とアイドル側の集団の中、両方から受けることになります。

  • ファンの最大公約数みたいな態度を取るしかなくなる
  • やたら礼儀や感謝を表現する癖が付く
  • アイドル集団の中で、変な突出をしにくい心理になる

「推し」文化は、こういったプレッシャーをメンバーに与えるのです。まあ、私が紗凪ちゃんを好きなメインの理由である、「奇才」を発揮しにくい環境になるのです。むしろ半端な個性の持ち主のほうが、突出しやすいです。

紗凪ちゃんは、遠慮しいな性格だと私は見ている(笑)自分の聖誕祭や、いまは止めちゃってるけどニコ生のような、遠慮の必要のない場所での彼女は、クソ面白いです。まだまだ、そのクソ面白い奇才を抑え込まれているように思う。

悪いのは・・・「推し」文化を生んだ絆っぽい社会と、紗凪ちゃんの実力を引き出しきれない事務所ですw

なので、私は「推し」はやらない。自分でこの星守紗凪という奇才を見つけたまえ。

————–

星守さん、任天堂Switchのアドベンチャーゲームで主題歌を歌ってます。べーしっ君の人がキャラでザをしていたりと、ファミコン世代をあの頃に誘います。

BABYMETALが神戸で見せた、「私たちは進化するプロジェクト」という姿

BABYMETALワールドツアー神戸に2日間参加。

まず、Sabatonさんに謝りたい。Sabatonさんが出てくることを完全に忘れていて(28日のSSAだけだと思い込んでいた)、やっと始まったと思ったらベビメタじゃなかったことでちょっと怒ってしまいました。そして、割りと好きな曲やってくれるんだけど、もうちょっと曲数減らして欲しかったとか思ってました。これが1日目。

だけど、2日目は身体もこなれたこともあって、完全にSabatonエネルギーを浴びまくって暴れまくりました。そして、北欧メタルらしい旋律の曲たちは全部最高なことに気づきましたよ。日本と北欧は似ているね。メンバーのキャラクターともわりと日本人好きする人たちみたいだし。よく来てくださった!曲買います!

で、本題の新生ベビメタですが。

Twitterの様子じゃ、みんな何とかして受け入れようとしているように見える。私は2日ともピットのR2だったんですが、ピットだと逆に全体を見れないことが多いと思われる。毎回背伸びしようとして足が攣りそうになるし。そんな暴れるためのエリアであるピットで見た新生ベビメタは、私としてはアリです。

プロジェクト・BABYMETAL

BABYMETALはゆいちゃんがいるときから、3人だけではない総合的なエンターテイメントプロジェクトなのだと思う。コバメタルが総合プロデューサーとして君臨し、神バンドとMIKIKOさんはもちろん、照明やCGの各種技術など様々な分野の専門家が広く関わって作り上げている。その「総合」っぷりが凄い存在が、たまに出現する。日本特有な気がするんだが、どうか。

自分は80年代の国内音楽で育った世代だけど、TM NETWORKはそういうタイプのプロジェクトだった。米米クラブも、よくは知らないけどそんなふうに認識してた。小室が金の味をしめた後のTRFとかは無視していた。

こういうやつね。劇とライブを組み合わせた、CAROL。実はエアギターだった木根さんは、ワイヤーで空を飛んでいたっけ。

ずっと、こういう「次はどうなるの」というワクワク感を感じさせてくれるアーティストが出ないなあ、グローバル社会のせいだよなあツマラネエと思ってた2000年代、後半になってやっとこさPerfumeが出現してくれた。

BABYMETALも、そういうタイプの総合エンタメプロジェクトとしてずっとやってきていて、次の展開に進んだように思う。メタルの演奏で7人の大所帯がMIKIKOさんの独特のダンスを踊る姿は、新ジャンルの誕生を目撃した思いです。

時代ごとに変化するアーティスト

同じように80年代、同じアーティストが時代を経てがらりと姿を変えることもあった。ファンに、「こんなのxxじゃない!」といわせてしまうくらい変わる。

YMOだって、忘れたけど3期くらいに分けられるんだぜ。YMO好きな友人が、「君に胸キュン」を酷評してた。RYDEENのような曲しか、彼はYMOと認めたくなかったんだ。

これが、↓ こう変わった。

そしてやっぱり、TM NETWORK も TMNに変化した。彼らの出自であるハードロック路線に振った。ピコピコ音は無くならなかったけど(小室さんが失業するし)。そして、結局またテクノっぽい曲に戻ってきてしまった。

ここしばらくは、あまりガラッと曲やイメージを変えてしまうグループ、あまりいない気がするんですよ。第一引退しないし(笑)まだユーミンいるのかよって。

Perfumeも、ハイレベルなままながらどうもマンネリ感があって・・・。彼女らのキャラクターとファン層だと、なかなか冒険しにくいしね。それでも、服装やらで昔がよかったという人いますけど。

そして、

BABYMETALは、ファンが悶絶するくらい変わった

これが何より私は嬉しいです。

刺激は変化に伴うもの。安心カワイイは、停滞の裏側。

さようなら、ありがとう、カワイイMETAL。こんにちは、大人メタル。

そうそう、光と闇の融合ってテーマがあった。今回のBABYMETALは、融合した姿と考えていいはず。大人の女性の姿となり、理性と感性が融合し、女性らしさを保ちつつ毅然とした姿。ただ、あの衣装は紅月に合ってないような。

アルバム早く出してください。