BABYMETALがなぜ最高なのか、障害者殺害事件が示している

私も6年ほど住んだことがある相模原で、障害者施設を襲った大量殺人が起きました。合併後に相模原になったエリアで、もとは津久井町ですが。

今回も、事件のセンセーショナル性からありとあらゆる正論やそれに対する反論がネットやマスコミに流れてますが。古くはサカキバラやネオ麦茶、宅間守などの事件からの虚しい繰り返しですね。

障害者について特に私は意見がないです。いまの日本人の正論の語り方が気になるんですわ。正論を語るとき、反論が来たら100%向こうが間違っているという心理になりやすいのが、現代日本人ですわ。戦争は悪とか放射能は安全とか(笑) これ、相当頭のいい人もよ。

昨日、テレビを付けたらポリティカリーコレクトの番組をやってました。日本のポリティカリーコレクトって、「差別は絶対あっちゃいけない」という前提で考えるけど、西洋だと「差別はどうしたって出てくるから、その前提でどうするのか考える」もんだといってたんですよ。日本人は、100%安全、100%正しいという状態を指向しすぎるんですよね。胎内回帰願望みたいなもんで。これだけ複雑な社会でそんなことできないに決まっている。

「障碍者を差別するなんてとんでもないことだ!」

と叫んだところで、それは周りまわって別の抑圧される存在を生むだけなんですよ。公園の禁止事項じゃないけど、アレはとんでもないいけないこと、コレモ信じられない悪行。これを1億人がいってりゃ、超抑圧社会になるだけ。価値観の多様化の現実がこれ。

そこでBABYMETALなのです

彼女らが海外でメタルゴッドとコラボしたりウェンブリー・アリーナで公演できてるのは、正論と逆のことをやりつつ進撃したからと思いますよ。

DEATH !だの 4! だの連呼しながら、まったくそう思ってない女子が、正しそうなことはあまりいわず、世界を変えていく。これが新しい世界というわけですよ。

 

昔、中田英寿が「いじめカッコ悪い」とか公共広告機構だかのCMやってましたけど、あれはいじめを止める力がないですよね。むしろいじめを誘発しかねないものだったと思いますよ。だけど、BABYMETALの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」は、いじめの現場で流したら、本当にいじめが止まるのでは?という力がある(と私には見える)。理由は簡単で、見た目正論かそうでないかの違いなんですよ。

センターでSU-METALが真摯な声で歌う一方、両サイドのYUIとMOAの振り付けにおふざけ要素を取り入れているのが、絶妙なわけです。イヤイヤしたり、Xサインを出したり。当時ティーン半ばの彼女らは、上から目線でなく歌える立場だったのも大きいかもしれないですね。

正しいことを血管浮かせて主張する時代は終わりですよ。そんなの楽しくないし疲れますよw だからあたしゃ選挙嫌い。

そういう意味では、暗殺教室もいいですね。超生物である先生を暗殺しようとするうちに、イキキとしてくる生徒。これ最近こういうマンガだって知ったんですが、時代の要請でしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です