マクラーレンホンダの今年の無理め目標

せっかくホンダさんが再参戦してきているので、F1カテゴリも作りましょうか。

今年中にタイトル争いや優勝はできるはずがない。メルセデスとフェラーリの下、ウィリアムズと同じレベルに行けるかってのが、少し無理そうだけれどできたら嬉しい、ありえなくもない目標ってところだと思う。

  • ウィリアムズが予算の限界を露呈して、戦闘力は横ばい。
  • レッドブルは現状通りルノーといっしょにグダグダ。
  • フォースインディアのニューマシンが外す&金欠でアップデート不可。
  • ザウバーとロータスは金欠でアップデート不可。
  • トロロッソが新人の伸び悩みに直面

これくらいの条件が必要になるので、なかなか厳しそうだ。

雨だったマレーシアを除くスペインまでの予選で、ウィリアムズとマクラーレンのそれぞれ速かったほうのマシン間のタイム差は・・・

  • オーストラリア 3秒704 (104.2%)
  • 中国 2秒322 (102.4%)
  • バーレーン 1秒658 (101.8%)
  • スペイン 2秒066 (102.4%)

エンジンサーキットのバーレーンでなぜか縮まった差が、今回のスペインでまた開いております。エンジンが「普通」に使えるようになり、シャシー側の問題点をあぶりだす段階へ進んだのでしょうかね。

ちなみに私、開幕前の・・・というかテスト前の予想では、去年とほぼ同じシーズンで200ポイントのコンストラクター5位を予想してたんですが、予想以上に酷い状況ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です