ドラゴンボールのヤムチャ弱い扱いの検証

連載時に読んだきりだったドラゴンボールを単行本で読みたいなとずっと思っていたんだが、最近やっと読み始めたよ。しかもちゃんと本屋でコミックスを買って。かさばっていいね!重さもいいし場所を取るのも愛しいね!

シリーズごとにどのキャラがどの程度強いのかをつぶさに見て行った。特にヤムチャ。

現在、マジュニアとしてピッコロ2世が参加してきた天下一武道会のところまで読んだのだけれど、少年漫画ってのはこんなにあからさまな主人公優遇をするるのか!と驚くレベル。毎回シリーズボスと悟空だけが、他のキャラを異次元に突き放して強い。・・・少年ってのは、そんな悟空に単純に自己投影してたりしたのかね。記憶によると、サイヤ人編までは悟空だけ突出しているけれど、フリーザ編になるとベジータやピッコロにも見せ場が与えられていたような気がする。

もうひとつ気になっていたのが、へたれキャラ扱いのヤムチャの実際の強さ。人間、特にネット民は印象だけで語るので、往々にして実はもっと強かったということもありえるんじゃと思って読んだのだけれど・・・。3回の天下一武道会のうち2回で1回戦の相手(武天老師扮するジャッキー・チュンと神扮するシェン)にまったく手も足も出ていない。2回目の武道会では、「天津飯に他の連中とは次元の違う敵がいるんだな」と思わせる程度には善戦したのだが、これでは弱い。

しかし・・・毎回相手が悪いとは言える。武天老師と天津飯と神だからね。ギランとか男狼とかと当たってたら、勝ってたろうし。でもそれでも、クリリンとの扱いに明確な差があると言わざるを得ないのが、3回目の天下一武道会なんだよね。神扮するシェンを2回戦で圧倒するマジュニアとクリリンは戦って、「ほう」と思わせる程度の善戦をしているんだ。ヤムチャはシェンに手も足も出なかったというのに。

主人公属性ってのはどのマンガでもあって特殊能力を持っていたりするもんだけど、DBは今のところあからさまだなあ。セル編になると、息子の方が強いってんで途中で戦い降りて悟飯に戦わせてたりと、面白い展開もあったと思うんだけれどな。

結論はブルマさん素敵ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です