お金は情報です(コメントへの返信)

前々回のエントリー「情報空即是色」に、コメントを頂きました。

http://mekpsy.net/human-with-it/91/#comment-8

コメント欄は設けてあるものの、初コメントは半年以内に来るかどうかと思ってました。ありがとうございます。

さて、このブログのタイトルは「エントロピー減少」です。熱力学や情報理論のエントロピーですが、まああまり厳密に考えず、無秩序から秩序だった方向へ向かう動きを重視したいという思いを込めました。生命体の本分は、エントロピーを減らすことだと思ってます。

情報といっても、色々な人が定義をしています。シャノンの定義はかなり狭義のものじゃないでしょうか。「情報は自由になりたがっている」というとき、どういう情報を仮定しているか・・・。人間の意識が介在して成立する情報まで、「自由になりたがっている」と主体性とか自律性を持つように扱っているのが、疑問なんですよ。

お金も情報ですよね。もろにデジタルデータに変換できる。お金はどうしてお金かといえば、人間がお金だと思っているからですね。つまり、人間の意識が介在して情報となることができるタイプの情報。そしてこのお金は、社会を問題なく運営するために人間が強くコントロールしている(うまく行かないこともありますが)。コントロールしなければ大変なことになる。市場原理主義で市場に任せるといっても、コントロールを止めるわけではない。

人間の意識が介在して立ち現れるタイプの情報は、お金と同じだと思ってます。人間社会をうまく運営するために、お金と同様うまくコントロールする必要があるはずです。お金のコントロール失敗による経済危機はわかりやすいですけど、文化危機やら学術的な危機、色々あります。

熱力学の熱と情報は、同じではないはずです。断熱材の穴が空いているなら、必要に応じて防がなければいけないのではないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です