この頃の日本の正月

謹賀新年。
漢字を使わず、甘えた感じで平仮名ばかり使う世の中ですが、正月こそ漢字で賀正もしくは謹賀新年といいたい。
本年もよろしくお願いします。

巡音ルカ
DAMの巡音ルカ

 

先日、スカイプをしていた広島の友人が、正月の2日からショッピングモールのフードコートで食事をしている人が大量にいるのを見て、疑問を呈してました。自分も昔から元旦営業アンチですんで、お互いに「おかしいよね」と言い合いました。幾ら正月っぽい飾りを若干施してもね、所詮普段どおりの感覚からスポッと抜け出たハレの感覚は持てない。

ショッピングモールに何となく(そう、この、何となくという感覚に気付いている人はいるのだろうか)集まってしまうという心理・現象というのは、ユニクロに人が集まっているそれ、もしくはソーシャルゲームの多くに集まっているそれと同じなんですよ。人が数字として把握されるだけの存在となって行っている。センスも数値で割り出されたようなものに食い付く。

閑話休題。正月にスマフォやゲーム機で遊ぼうと思ったら、SNS的な遠くの人と繋がるアプリではなく、目の前の人と遊べるアプリを使った方がいいと思うんだけど、そんなアプリはありますかね? ボンバーマンをやっていた時代の団欒を今やろうとしたら、相応しいアプリって何かあるかな?教えてくだされば嬉しいです。ボンバーマンや元祖マリオブラザーズは、今でも通用する団欒ゲームです。

UIからいって、スマフォは引きこもり促進機ですね。テレビ受像機頑張ってくれ。というか、電波は受信しなくてもいいんですよ。90年代は、そういう”モニタ”って製品があった気がするけど。

元旦にカラオケに行きました(元旦は休めよと思いつつ)。まあ、私と家族はいい歳なんでやりませんでしたが、ボカロとかエヴァとかで色々遊べそうなんですよね、今のカラオケ屋。やっぱり、コミュニケーションに適しているのは大画面ですよ。
世の中に広まった画面が小さい画面ばかりというのを、ガラケーの頃から嘆いています。

電気メーカーは、電波受信能力の無い、画質のよい大画面モニタを安価にて出して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です