ヴィレよりネルフに入りたいよね?

エヴァQで対立する二つの組織、WILLEとNERV。昔のように感想をネットのあちこちで読まなくなってしまったんだが、NERV=悪の組織、WILLE=「たくましい」女性の率いる正義の組織というような感想が一般的じゃなかろうか。

男と同じような態度を取る女性キャラ → たくましい女性陣という感想を持つという心理に、どうも女性コンプレックスを感じる。今の日本が、徹底的に男性性を失っていることの表れだと思うし、その代わりに女性が男のように振舞うことを賛美するというのが、また終わってるなあと思う次第。

まだQは一回しか見ていないので、よく理解していないところもあるから、特にゲンドウがフォースインパクト・ファイナルインパクトを起こしてどうしたいのか分からない。だけど、こう思えて仕方ない。

WILLE : 現状維持派
NERV : 改革派というほど格好よくはないが、世界を変えるべく行動している組織

ニア・サードインパクトを起こしたシンジに対するあのヴィレの連中の大人気ない態度に、ヒリヒリした気持ちにさせられていたところ、場面がNERVに移った瞬間に思い切りホッとした。静かだし、綾波クローンはあんなだけど。冬月爺さんは語ってくれるしさ。

リツコがヴンダーを「まさに希望の船ね」といっていたけれど、そもそもその希望が何なのか分からないんだよね。あそこまで変わった世界で、フォース・ファイナルインパクトを防いでどうしようというのだろう?あのヴンダーの余裕の無さ過ぎる雰囲気は、「ブラック企業?」と感じさせた。そこが嫌で逃げた先は静かで、カヲル君がいたりして和むしさ。東京から地方に旅行に行くと感じる安堵だったんだが。

あの静寂と、カヲル君とシンジ二人の純粋な友情。ここから生まれる世界の方が、余裕ない大人たちによる現状維持よりいいじゃない(笑)

WILLE=賞味期限が過ぎた東京中心の国家機構をピリピリしながら維持しようとしている守旧派と考えると・・・予想される大地震をサードインパクトとも捉えられ、自身が大嫌いな自分はブルって来たのでこの辺で!早く東京から逃げますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です