エヴァにはオタクを終わらせて欲しい

自分は、新劇Qはあと2回は見ようと思っています。だけど、

序破Qの内一番設定やストーリーそのものが複雑なQですが、このあまりの難解さは、難解さでヲタクを喜ばせるアニメを終わらせようという意志が込められてはいないだろうか。ヤマトの頃、波動砲の発射シーケンスなどを熱い気持ちで見ていた世代のヲタクたち。もういい中年の彼らに、いつまで同じようなことを続けているのだね?といっているような。だから、「設定を読み込むために」10回も観たりするのは、ハッキリ恥だと思っています。

Qは、カヲル君の優しさ悲しさを観るものですよ(笑)彼の心に観客の立場でどこまで触れることができるか・・・。

20世紀とあまり変わらない世界を特徴としていたエヴァが、Qでサード・フォースとインパクトを起こし世界を滅ぼしちまった後の、これまでの世界と似たものが何も無い世界を舞台にしたのは、「終わらせる」という強い意志表示なのかもしれません。

エヴァには、今度こそオタクを終わらせて欲しい。ガンダムには出来ないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です