日本に必要なのは悪魔超人軍(2)

前回は、キン肉マンの「完璧超人・始祖編」で戦う3勢力のうちの完璧超人軍というのが、現実の世界ではグローバリストであることを説明しました。

キン肉マンを暑苦しい顔しつつ読む人は、こんな文章を読みに来ないでしょうねえ。だがしかーし、私の使命感から書かないわけにはいかんのです。屁のツッパリはいらない。

今回取り上げる完璧超人・始祖は、後ろの脳みそ丸出しさん

戦後日本人の規範の元ネタは完璧超人由来

前の敗戦以来、日本人が正しいと考えて従ってきた「正しいこと」。学校で習うような、民主主義とか公平や平等、差別しないこと。または、個人の自由が一番大切のような価値観。これらって、日本人が自分たちで考えだしたわけじゃないですよね?押しつけかどうかは置いといて、外から入ってきた価値観です。

これらはリベラルとか左翼と呼ばれる価値観です。現実世界では、こいつらが限界を迎えていると思うしかない事件が多発しています。自分は最初から詐欺思想だったと考えてますが、ここは普通の人向けに使用期限切れとしておきます。

作中でネメシスという超人が、ロビンマスクをボテクリこかしながら、完璧超人の創成期を解説してます。それによると、完璧超人というのはキリスト教の神話を元ネタにしていますね。 →  前回の解説 現実世界のリベラル = グローバル勢力も、カトリックの総本山バチカンをトップに頂く勢力です。

リベラル(グローバリスト) = キリスト教世界 = 完璧超人

このようになります。何と!戦争に負けたことで、学校教育に完璧超人の思想を注入されていたとは!

正義超人と完璧超人の取り違え

戦後リベラル教育を受けて育った日本人は、大きな取り違えをします。それは・・・

自分たちは正義超人だと思いつつ、実際は完璧超人をやってしまっている

という壮大な勘違いです。GHQにインストールされたキリスト教世界の価値観を、疑問なく信じる人間が量産されたわけです。しかも、自分のことを無宗教だと思っているオマケ付きで。

繰り返しますが、

リベラル(グローバリスト) = キリスト教世界 = 完璧超人

です。無宗教ではないんですね。そこが厄介なわけで・・・。

現実の人間世界で殺人プロレスをやってる人は少数派ですので、「負けたら自害」みたいな掟は適用されてない。そのせいで、まさか自分が「完璧超人」をやっているとは、夢にも思わないんですね。むしろ、表面上は優しげなことをいってるわけだし・・・。

ただ、やってる部活によっては、負けたら自害に近いプレッシャーがある人もいるかも。真の完璧超人ですね。甲子園目指すレベルの野球部とか。そう、古い日本の権化のような甲子園ですが、むしろ完璧超人の世界なのです。つまり、大日本帝国って・・・(略)

余談ですけど、最近の夏の甲子園の大阪桐蔭 vs.金足農業の決勝戦は、完璧超人 vs. ベンキ・・・もとい、カナディアンマンのように見えて、哀愁を誘いましたっけ。

自分たちの間違いを認めない完璧超人たち

完璧超人の十人の始祖(オリジン)のひとり・ジャスティスマンが、正義超人のテリーマンをもてあそびながらいいました。

「お前たちは正義超人と勝手に名乗っている下等超人に過ぎない」

「本当の正義(ジャスティス)は我らにある」

「我が名はその真実を、お前たちに伝えているのだ」

完全に上から目線の完璧超人・ジャスティスマン

いや~SNSでよく見ますねえ、こういうの。ジャスティスマンはオリジンらしく、自分は絶対正義である!と口でも戦いでも表明しています。そして、こんなのに勝てるわけないだろ!というくらいに、強いです。けれどSNSの某連中は、話し合おうよとかいいつつ結局自分が絶対正義と思っているし、通報や(委員長~あいつ反則してまーす!)、素早いブロック(逃走!)が得意技の有様。 最弱の完璧超人が、SNSの某連中なのです。

それでは、現実世界の悪魔超人とは・・・? 次回に続く。

日本に必要なのは悪魔超人軍(1)

去年、2011年くらいからやっていたキン肉マンの新シリーズを読み始めました。完璧(パーフェクト)超人の本隊が攻めてくるシリーズですね。新シリーズをやってるらしいことは知ってたんですが、最近まで何となくで無視していました。

完璧超人・始祖たち。肌色なのはどうなのか?
完璧超人・始祖たち。肌色なのはどうなのか?

それが何かの拍子にネカフェでコミックスを手に取ったところ、悪魔将軍が出ているじゃないですか。以前やっていた「二世」で思わせぶりなことをしといて足だけ復活だったこともあり、「こりゃ~無視できねえ、悪魔将軍の試合だけでも読んでしまおう。」とばかり、読み始めました。で、あんまり面白いので、結局コミックスを買い集めるようになりました。紙ね、紙。

↑ 悪魔将軍がたっぷり戦う回

このシリーズは、「正義超人・悪魔超人の(行きがかり上の)連合軍 vs. 完璧超人軍」の戦いを描いています。前のシリーズでふがいない悪魔将軍に見切りを付けた悪魔超人が、二人いた気がしますが、元のさやに納まってます。この将軍様の寛大さの理由も、読み進めると分かる将軍様の目的から、理解できます。

ちなみに最新の連載では、地球の先住超人が攻めてきてますが・・・現実を反映したさらにデカイ話になりそう。

各超人軍はどんな連中か?

完璧・正義・悪魔の3軍を説明すると、次のようになります。

完璧超人
超人の神に選ばれた超人たち。

超古代、超人の神が堕落した超人を絶滅させようとしたとき、神の一人が素質のある10人の超人だけは救うことを他の神に懇願し、その代わり自らは天下って一超人ザ・マンとなった。救われた10人が完璧超人・始祖(パーフェクト・オリジン)。

ザ・マンと完璧超人・始祖

完璧超人は、理想の世界を作り出すため数億年もの間修練と試行錯誤を続けてきた。完璧超人には厳しい掟を課し(負けたら自害)、完璧超人以外の超人を「下等超人」と呼んで蔑んでいる。

なんか神々しいんですよ、こいつら。強くて自信満々で。世界各地の名所に現れて、(超人の)歴史を語ったりするし。でも、どこかで時代に乗れてないことを自覚している、悲しい超人でもある。お疲れ様でした!!!

悪魔超人
完璧超人・始祖の壱式(ファースト)であるゴールドマンが開いた。ザ・マンの一番弟子ですね。

そもそもザ・マンの「完璧」への理想の追求の仕方に限界を感じ、彼らが下等と呼ぶ超人の中に可能性を最初に見出したのが、ゴールドマン。ゴールドマンはザ・マンのもとを去り、悪魔将軍と名を変え、敵を徹底的に叩き潰す悪魔超人を育成し始めたのだ!!!

正義超人
完璧超人・始祖の弐式(セカンド)であるところのシルバーマンが、開いた勢力。シルバーマンはゴールドマンの弟です。

シルバーマンは、兄のゴールドマンが開いた悪魔超人のやり方では急進的すぎると考え、より穏やかな方針の正義超人を作り出した。友情や慈悲の心を至上とする。多数派にやさしい。北斗の拳でいったらトキ・・・でもないんだ、実は・・・読めばわかるんだけど・・・。

完璧超人=グローバル勢力

読み進めるうち、私はこう思いました。

「ゆでたまごは、現代の現実世界の見取り図に則てこのシリーズを描いているのでは?ゆでにしては内容が高尚過ぎるし、ブレインがいるんじゃないんだろうか?」

最近、女子プロレスラーが自殺をしたらしく、その原因がネットで誹謗中傷をされたからだとか。例によって民間警察がSNSで組織され、さっきまで知らなかった芸能人の自殺に乗っかって「誹謗中傷ガー」と喚いているようです。彼らは自分の頭で判断しているつもりなのかもしれませんけど、一定の勢力のプロパガンダに忠実になだけです。その勢力とは、グローバリストです。

ゲームに登場する女性キャラをオバサンにさせたり、食なんとかのソーマの乳袋に文句を付けたり、すぐにお気持ちを察してくれないからと心を震わせたり・・・これは自然発生的なものではなく、巧妙な誘導があるんです。

そして、キン肉マンのここで取り上げているシリーズでいう「完璧超人」というのは、確実にグローバリストをモデルにしているんだと、私は思ってます。

(SNSの人間と完璧超人との違いは、負けても自害しないこと。というか、人間は負けを認めすらしないし。正確には、下っ端完璧超人は負けると逃げたりするので、SNSの完璧超人は下っ端。)

子供のころやってたキン肉マンでは、それぞれ単に子供概念の正義悪魔、そしてそれを超えた完璧を出して子供を恐れさせるだけでしたけど、子供概念は大人概念がシンプルになって降りてきてるものですからね・・・現実世界のことをしっかり反映していたんだぞってのが、復活した大人用シリーズで明らかになってるんでしょう。

誹謗中傷とか自粛しなかったとかで吹き上がるタイプでなくとも、自分の内面に持ってる規範が「完璧超人」つまりはグローバリストのものになっている人は、日本では多数派です。東洋なのに。つまり・・・キン肉マンで「時代遅れ」といわれた価値観です。

↑ 完璧超人・始祖編は38巻から。

次回では、現代日本にのさばる完璧超人を倒すのに足りないものが悪魔超人であること、グローバリストとは何かを解説します。

コロナ時代、もう情報工作はテンプレ化してるよね。

「新型コロナは中国の人工ウイルス」と信じる人が後を絶たない理由

Screenshot of diamond.jp

結構前のダイアモンドオンラインの記事だが、コロナ自粛にあんまりストレスが溜まったので、ストレス解消に書く。タイトルだけでプロパガンダする気満々な記事だから。

こういう記事が出るということは、新型コロナウイルスが人工由来である証拠みたいなものだ。そうでないなら、こんな構成の記事が掲載されるわけがないのだ。

記事の構成を見ると、まず、WHOがウイルスは自然由来であることを「あらゆる根拠」が示していると主張したことを、取り上げている。これは最初の段階で、WHOといういまだ日本人の多数派に威光のある機関の主張を掲載し、推奨したいウイルス自然発生説派へ力を与えている。

こういった場合に使われる「あらゆる根拠が示している」は、権威に従順な多数派を安心させるタームで、コロナに限らず何度も見たことがあるはず。実際に根拠があるわけではないだろう。

しかし、実際にこの説が本当なのか否か、確固とした証拠はいまだに、どこからも出されていない。WHOも参戦して、「いろんな人たちが、いろんなことを言っている」という混沌とした状況だ。そんな中、なぜ世界では「武漢ウイルス研究所起源説」を頭から信じる人たちが後を絶たないのか。

確固たる証拠はないので、自然発生説・人工説どちらも確定できない。「人工説を頭から信じる人が後を絶たない」という書き方は、自然発生説派を勇気付かせ、人工説派を揶揄する気持ちを芽生えさせるターム。自然発生説を頭から信じる人の不自然さは、無視される。

インテリジェンス方面からは、アメリカの情報機関が仕掛けている「対中工作」の一環だなんて話もまことしやかに語られているが、一般庶民がなんとなくこの陰謀論に引っ張られてしまうのは、今回の世界的なコロナパニックが見方によっては、“中国にとって都合のいい方向”へ流れていることも大きいのではないか。

前半であえて人工説の信ぴょう性を高めるような情報を出し、公平感を演出。その上でその信ぴょう性は一切検証することなく、「一般庶民が陰謀論に引っ張られてしまうのは」と続ける。これは前引用部と同じように、自然発生説派の自意識をくすぐる仕掛けをしつつ、同時に態度未決定の人間を自然発生説に引き込む効果がある。自分は一般庶民と違って賢い(笑)という自意識をくすぐる、基本メソッドだ。

 つまり、新型コロナの世界的流行によって、中国が「ひとり勝ち」をしているように見えてしまっているため、そこにモヤモヤしたものを感じる人々が「中国がバラまいたに違いない」と考えてしまっているのだ。

ウイルス人工発生説より根拠がない。筆者の推測(またはダイアモンドオンライン編集部の指示)である。この段階で自然発生説派は、この記事が人工説を否定する根拠を示してくれるのか、ワクワクした状態にされている。

さて、筆者のいう「中国独り勝ち」の内容は・・

  1. アメリカとの「5G覇権争い」で優位に立った
  2. 「コロナ対策」という新たな輸出品目ができた
  3. 香港の民主化運動から国際世論の目をそらせた

だそうだ。以下、これらの説明が延々と続いているが、「ウイルス人工説を信じる人間は、これらの事柄に引きずられている」という設定を前段で行って、あとはそれを強化していく構成である。設定への自己検証は行われない。

これらが本当にコロナが原因で中国が有利になった要素だとしても、「ウイルスを中国が作ったという説を信じる人が増えているのは、これらが原因ですよ、だけどウイルスは自然発生したものです」という筆者の推測に人の意識を引っ張るために延々述べているだけだ。だからいちいち長い。

ちなみに3の香港民主化運動だが、これも「香港の自由を求める人々の起こした運動」だという、普通の人々のナイーブさを利用しているに過ぎない。実際には、コロナで5Gについて中国に不利にされたはずの、アメリカの諜報機関の影が見え隠れしていた。

なぜそのような話が出てきたのか。なぜそのように考える人が多いのか。数々の見方が飛び交う混乱期に情報と向き合うためには、その「背景」を知ることが重要なのではないか。

最後に、現代の情報工作ではテンプレとなった「議論しようね」で締めである(笑)逆に私がここで述べてきたのは、どうして多数派がウイルス自然発生説を信じるかの「背景」なのだ。

最近・・・いや、民主主義の時代とはそういう時代だったんじゃないかと思うんだが、議論をしている意識でいながら半ば潜在意識で結論を出している人が多い。こうして、多数派の頭の中には「新型コロナウイルス人工説はデマ」という観念が育っていく仕掛けである。これが、多数派の読むメディアの役割。

この記事の構成を図にすると、下のようになる。冒頭でばっちり仕掛けを発動させておいて、その効果を発揮させる呪文詠唱を長めにやる構成だ。

とはいえ、マスメディアのこういう工作も、さすがに効かなくなってきてはいる。インターネットは本当に使いよう。

非常事態宣言が続くようだけど、観光に行こうかな。